子供が独立したあとの保険選びは金額をさげるべき

20代で半ばでお子様を産んでいれば、定年退職までに子供は独立するのが一般的です。お子様が居るときは、教育費や生活費が掛かるものですが、その中で保険料金を捻出しなければなりませんでしたが、独立した後は、夫婦の為の保険選びをする必要があります。そこで、子供が独立したあとの保険選びのポイント紹介します。

必要なのはお葬式代と生活費

子供が独立した後に必要なのは主にお葬式代と年金を受け取るまでの生活費です。それぞれ紹介します。

お葬式代

お葬式を挙げるグレードによりますが、金額は200万から300万円くらいが目安でしょうか?死亡保障の中でこのくらいの額を上乗せした分を考えておきましょう。

生活費

子供が独立した後で、心配なのが配偶者の生活費です。今まで3000万円の保険に入っていたら、お葬式を200万円とした場合、年金を受け取るまでの生活費は約800万円あれば事足りる場合があります。子供たちに掛かっていた教育費が掛からないのですから、その分を、ご自身の介護保険に回すのも一つの手段です。介護保険に入ることで、残された子どもたちや配偶者の負担を減らすことにつながります。

まとめ

いかがでしたか?子供が独立した後の保険選びのポイントは、子供に掛かって負担をご自身の為に回すことにあります。今からでもご夫婦で老後のことを早めに話し合って、対策をしましょう。